忍者ブログ
自身のツイッターで書ききれないことが流れついてくる場所 主にWindowsPCやAndroidについて
[4] [5] [6] [7] [8] [9]
現在ではスマートフォン(いわゆる高機能携帯電話)の普及が進み、
旧型の携帯電話(いわゆるフィーチャーフォン、ガラケー)は
現在では昔ほど見なくなりました。

しかし、昔から使い慣れた携帯電話から換えるにあたって
ちゃんと使えるのか不安だったり、どれを選んだらいいか分からない、
買ってはみたものの、動きが遅かったりエラーばっかりで
使いものにならない!といった方は多いのではないでしょうか?

そんな方たちの参考にして頂けるように
私が1年半スマートフォンを使っていった上で
遭ったトラブルや、それを解決した経緯を記していこうと思います。

機械に疎い人でも分かるように、専門用語は意識的に避けてみようと思いますが
入ってしまった場合はお許しください。


1.端末購入時のお話

私は4年半の間ずっと愛用してきたガラケーを買い替えるために
次の携帯として、スマートフォンへの買い替えを検討していました。

しかし、値段を調べてみると
やはり端末の値段が高い!とまず感じました。
今の相場からすれば値引き前の本体価格は
4万~10万辺りでまとまってる気がします。

ほとんどの場合、各携帯電話会社で割引などをやっているので
私もそれを利用しちゃいました。
(とはいえ、ガラケーの平均的な値段も相当上がってるようですが…)

契約するときドコモショップの店員から教わったのですが、
スマホは使用していなくても通信を行う場合が多いので
パケット通信は定額料金がほぼ必須です。
従量課金制とか選ぶと高額請求がくることもあったようです…

スマホへ買い替える時は、それなりに電話料金が上がることを覚悟しましょう。

2.導入~半年くらい

自分は予算の関係や、購入当時にマトモに使える程度の性能があるスマホが
限られていたこともあり、サムスン社のGALAXY S2(Xi通信機能なしの旧型)を購入。
当時はスマホ=持ち歩けるPCと思い込んでいた訳で
パソコンと同じような操作が携帯で自在に操作できるだろうと考えていました。
…まぁ、現実は違いましたが。

以下、個人的に予想と違った・つまずいたこと
(1)windowsパソコンとは訳が違った
今考えれば当然だろう、と思ったのですが
そもそも自分が買ったスマホはOS(この場合、携帯を動かす仕組み)を作った会社が
windowsを作っているマイクロソフトではなく
検索エンジンでお馴染みのgoogle(厳密に言えば少し違いますが…)でした。

もちろん、作っている会社が違えば操作感も違うわけで
その差に慣れるのが大変でした。

(2)自分好みに作り替える必要性
スマホは最初からアプリ(アプリケーションのこと、道具みたいなもの)が入っていて
買った状態で使えるものと思っていましたが、
実際には使わない余計なものが入っていたり
最初から入っているものが使いものにならなかったりしました。

Androidは高いカスタマイズ性が売りのOSです。
知人や雑誌、インターネットなどから情報を集めて
自分に必要なアプリを選びましょう。

もし、この過程が面倒なんじゃないかと思うなら
大人しくガラケーを使うことをお勧めします。
自分好みに作り替えずに使うのであれば、ガラケーの方が優秀です。

…あ、快適に使いたいならLINEは入れないことをお勧めします。(理由は後日)

(3)イマイチ安定しないスマホ
最初の2日くらいは全く気にならなかったのですが
使い続けているとエラーによるアプリの強制終了が目立ち始め
最後には普通に使うことすら難しくなってしまいました。

故障でしょうか?

いいえ、違います。

これは原因がすぐに分かりました。
メモリリークと呼ばれる現象です。

Androidはパソコンと同じでメモリ(作業する机のようなもの)があるのですが
AndroidOSそのものや各アプリのバグで
本当は必要ないメモリの部分まで使用中としてしまいます。
(メモリを机に例えると、机の上にゴミを置いてしまい
 作業がやり辛くなってしまった状態)
では、どうすればいいか?

手っ取り早く再起動しちゃいましょう。
スマホを買った直後はだいたいこれで直ります。

それでも安定しないようなら、手元にあるアプリを減らしましょう。
たまにアプリ同士には相性があり
一緒に動かしていると不具合を起こすケースがあるようです
最近追加したアプリを試しに削除してみて様子を見ましょう。

3.半年~現在

大分自分好みのスマホになり、非常に便利に使っていました。
しかし、購入して2年も経たずに買い替えをすることになりました。
それまでの経緯と問題点を挙げます。

(1)不用意なアップデート
スマホは携帯の頃と同じく本体のアップデートがあります。
が、スマホの場合、極稀にアップデートでまるで別の携帯のようになることがあります。
GALAXY S2の場合、大きなアップデートが2回あり
そのうち1回目は電話の受け方が変更(事前説明なし)され、
出方が分からず電話を逃す事態になりました。
こちらは調べて分かる程度だったので納得いきましたが
問題は2回目でした…

このGAYAXY S2のバージョンは当時2.3.4でこれの操作感に慣れていましたが
問題の日のアップデートでバージョンが4.0.1に変わりました。
これで何が起きたかというと
1.バージョン2.3で対応していてバージョン4.0で対応していなかったアプリが
 軒並み使えなくなった。
2.UIが変更されたことにより、デスクトップが初期化された
3.バージョンアップしたことで性能の余裕が減り、動きの素早さが無くなった
4.タッチパネルの反応がよくなり過ぎたのか、画面のスクロール方向が
 逆になることが多くなった

ハイ、全体的に劣化しましたとも。
このように、何も考えずにアップデートすることで
パソコンと同じで不便になることが多いので
(本来あってはいけないものですが)
どのようなアップデートか情報を集める、画面やアプリはバックアップを取っておく
などなど手間を惜しまないことが重要です。

2.現状では性能が足りなくなる
やはりこの辺もパソコンと同じでOSや性能が古くなると
新しいアプリを入れるときに古いOSが対応していなかったりと
不都合が起きやすくなります。
(ただ、FlashPlayerのように開発終了していて
逆に新OSで動かない、といったことはありますが)
ドコモユーザーは特に、SPモードメールアプリを何故か外注しているお陰で対応と書いてある癖にスペックが足りないことが
日常茶飯事のようで、しかも外注しているためか対応が遅い・そもそも苦情を受けてくれないことが多いため
古い機種を持っている方は要警戒
(いつになったらドコモは自分が企業だって自覚持つんだろうか…)

現状では我慢する、早めに買い替える、白ロムを買う、
といった選択肢が代表的では、と思います。

現在では春に発売された2画面のスマホ「MEDIAS W」を使っており
このスマホの使い方を模索中ですが
こうして過去を見返してみると

「Androidは工夫する努力をしてこそ便利な端末」

ではないかと感じています。

この記事が少しでも新しくスマホを買う人の参考になればいいなぁ、と思います。

ではではっ
PR
プロフィール
HN:
birdwood
性別:
非公開
忍者カウンター
現在の閲覧人数
(C)Willoo Entertainment Inc. (C)Konami Digital Entertainment 株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。(一部の記事またはリンクバナーに上記著作物が含まれています)
忍者ブログ [PR]