忍者ブログ
自身のツイッターで書ききれないことが流れついてくる場所 主にWindowsPCやAndroidについて
今日は管理人の愛機であるwindows7を高速化させてみたことについて。

私がパソコンを使う理由といえば
・スマホのバックアップやメンテナンスを行うため
・旅行先などで撮った写真や動画をブルーレイディスクに焼いて保存するため
・オンオフ問わずPC向けゲームで遊ぶため
変態技術(別に得はしないし一般の人はやらない事をスマホやPCにさせることを指す)を習得するため

ザッとこれくらいですが、以前からアプリを立ち上げる時にやたら重くなることがあり小回りが効かない悩みがありました。
原因は以前からHDDの読み書き速度にあると分かっており、HDDにアクセスする度にCPUやメモリが暇を持て余すという、少し勿体ないような状態でした。

(私の愛機のWindows エクスペリエンス インデックス評価結果。数字が高いほど高性能になる)
 

HDD読み書き速度の性能だけが頭一つ抜けて遅いため、一度準備完了してしまえば快適。しかし、それまでに待つ時間が長い。

そこで発想の転換です。

「HDDのアクセスが遅いなら、せめて毎回起動するアプリくらい超高速なRAMメモリに仮置きしてしまえばいいのではないか」と。



今回紹介するのは、それを実現するために必要なソフト「SoftPerfect RAM Disk」です。

導入部分は詳しく解説してある場所があるため、こちらをどうぞ
導入解説ページ(k本的に無料ソフト様の記事)
(解説している記事執筆時点のバージョンが最新版より若干古いようで、現在は日本語化してありました)

 ※ 注意 ※
当然ですがRAMディスクにデータを置く性質上、設定に失敗するとデータが消失する危険性があるため、作業をする際はバックアップを取ったうえで自己責任でお願いします。
また、管理者権限でのコマンド実行を伴うため、分からない事は検索して自己解決できるくらいの技術力がない場合はやらないようにしましょう。(何か問題があったら対処できないため)

私のPCではメモリ容量が8GBとかなりの余裕があったので、そのうち2GBをRAMディスク化。
インストールしていないアプリでしたら、そのまま作成したRAMディスクにインストールすれば万事解決だとは思いますが(試してはいないので確認してませんが)、大抵は既にインストールしてあるアプリを高速化させたい、となると思います。
しかし、インストールが必要なアプリは、ただファイルを動かすだけだと正常には動きません。

そこでちょっと工夫をします。
(ここから先はwindows vista以降で設定できます)

1.予め必要なRAMディスクとイメージファイルを作成しておく
2.電源を切っても起動時にRAMディスクが作成されるようにブートディスクを準備しておく
3.アプリが使用しているファイルをRAMドライブ内へ移動
4.コマンドプロンプトを「管理者として実行」する
4.シンボリックリンク機能(mklinkコマンド)を使い、元々ファイルがあった場所とRAMディスク上に移動したファイルにリンクを張る
5.再起動して動作を確認、移動したアプリを起動して正常に動くか確認する
6.正常に動いていたらゴール。お疲れ様でした

私の環境ではSoftalkとMinecraftが非常に読み込みが遅いためRAMディスクへ移動。
元々のHDDアクセス速度が遅いために効果てきめん。私の場合は(体感ではありますが)2~3倍くらい起動速度が早まりました。
Minecraftではワールドデータの読み書き量が膨大なので、ゲーム中のFPSも少し改善する副作用もあり、ちょっと嬉しい結果となりました。

ではではっ
PR
プロフィール
HN:
birdwood
性別:
非公開
忍者カウンター
現在の閲覧人数
(C)Willoo Entertainment Inc. (C)Konami Digital Entertainment 株式会社ウィローエンターテイメント及び株式会社コナミデジタルエンタテインメントの著作権を侵害する行為は禁止されています。(一部の記事またはリンクバナーに上記著作物が含まれています)
忍者ブログ [PR]